無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 大好きなトーン貼りv   

トーン貼り お好きですか? 自分大好きなんですよ!
黒くなっていくのが嬉しいというか・・・ (ベタ下手なもので・・・)

『漫画製作の流れで一つの作業が終わってから次の作業にいった方が良い』
と言われているので、そのようにやっていたんですが・・・
途中で飽きちゃうのよね・・・(飽きるというか、ん~・・・ 辛くなる・・・みたいな)
雛漫画も退治屋漫画も一作業づつやっていたんですが、どうしても・・・
ど~してもトーンが貼りたくなる!(笑
で、今は1P単位ペン入れが終わったらベリベリ貼っています  すると、
「次の背景は大変そうだな~」というコマでも 「ヤだな」 では無く 「頑張ろう」
という気になっている。
一度も 「描きたくないな~」 という気になっていないのが自分的にスゴイ。
これが終われば楽しい楽しいトーン貼りが待っている! 
というのがあるからでしょうか。

1P単位でトーンを貼っていける一番の理由は 『使うトーンが数種類だけ』 かな。
基本が黒ベタで、ベタしないならば75番線のグラデーションを張る・柄トーンは
今現在使用しているのは3種類
あと影のトーンで基本的に5種類しか使っていません。
昔は(コミスタ用語ですが)人物の描写はベクターレイヤーでばかりやって
いましたが、いまは全てラスターレイヤーで。 そしてトーンレイヤーもトーンの
変更を恐れて(グレーで表示したいというのもあって)ラスタライズしてませんでしたが、
今はお構いなく変換。 それとパワートーンを使って一枚のレイヤーに簡単にベリベリ
貼っていけるので、メモリにも嬉しい。
網点のトーンも圧縮で少々モアレてますが、もう気にしな~いv

ブログに載せる用として心構えが変わった ってのか一番心が楽になったかな?
昔、印刷しようとして網点のズレを細かくチェックしていまして・・・ アレは精神的に
辛い作業でした  トーンを重ねなければいい話なんですが。

漫画製作って大変な作業なんだから、楽しくやらないと ネ。
[PR]

by nino0w0 | 2006-11-13 11:35 | ■駄文で綴る出来事 | Comments(7)

Commented by 楽人 at 2006-11-13 18:58 x
あ~、わかるわかる。ベタとかトーン貼って、はじめてマンガになるって感じだもんね。私も基本的には1Pずつ仕上げていくタイプですよ。まあ、きまぐれやなんで、気分しだいで、線画のみ何ページも仕上げてから、ベタ、トーンはりはり、ときもあるけど。あとは、拡大、縮小をよく使いますね。なんか、私構図とかコマ割とか全く考えずにマンガ描いてるから、拡大縮小、移動、変形、etcいろいろやらないと、ページにはまらないですからね。デジタルじゃなかったら、マンガかけなかったな・・。ちなみにトーンは必ず統合しますので、余裕でモアレってます。でも統合しなかったら線のフチが白くスキマ空くでしょ?線画をラスターにすれば、この現象はふせげるのかなあ?
Commented by sumi-ex at 2006-11-13 22:21
やー、にのさんは相変わらずがんばりやさんだなぁ(*´∀`*) うらやましいっスvv
ちなみにオイラはトーン張り苦手ではないけど嫌いです。眠くなるからww

あ、そうそう、トーン作業って、毎ページごとにがんばってくりかえしてますか??
オイラも、某大先生に教わったんですが、
よく使う定番トーンを乗せたレイヤーを透明で塗りつぶしておいて(×数種類)
それをまとめてフォルダにつっこんで、マテリアルパレットに収納しておくと、ページごとの作業の短縮によいですよ。
あとは、同じ番号のトーンの重ね貼りで、若干のずらし濃淡を付けたい場合
WEBではずらさなくてもそのままでも濃さが変わりますが、印刷すると濃さが変わらないから数ピクセルずらすのがめんどうじゃないですか、
それも同じように、
よく使うトーンを張り込んで1ピクセルずらしたものを透明で塗りつぶしておいて、わかるように適当な名前を付けてマテリアルパレットに突っ込んどくと良いですvv
変な説明だけどわかるかな?
元々知ってましたらゴメンナサイ(^◇^;)⊃
Commented by nino0w0 at 2006-11-14 09:27
楽人さん 自分もデジタル というか、コミスタが無かったらここまでやってませんね! ほかの漫画製作ソフトも調べましたが、商品説明ではコミスタの方が上っぽいので見向きもしなかったり。(今はどうか分かりませんが)
トーン・ベタhの塗りつぶしの隙間ですが、線と線がきちんと繋がっていれば自動選択の付加機能 領域の拡張1~2ピクセルで選択範囲して塗りつぶせば防げるとおもいます  若干の隙間でも付加機能で何とかなりますし。 うぅ~ん、コミスタ便利です。
Commented by nino0w0 at 2006-11-14 09:32
スミヨシさん、ピクセルずらしのアイデア☆ 某先生万歳!
それは便利 そうか~ なるほど 言われてみれば素材データにしておくって手がありましたね 気付きませんでした では早速いじってみよう。
素晴らしきテクニック 有難うございます!!
Commented by stagezero at 2006-11-15 16:28
sumi-ex様!
このトーン作業テクニックは、コミアリのコミスタtipsで紹介させてもらいますね~^^
Commented by btdores at 2006-11-18 00:19
ボクもコミスタ使いはじめの頃は、漫画の参考書やコミスタの公式ガイド本を読みまくって描いてましたね(笑)
ベクターレイヤーがいいというので、当初はベクターレイヤーを使用していたのですが、ベタ塗りが出来ないという単純な理由でラスターレイヤーで現在は描いてます☆

ボクも最初の頃はカラープリンターで印刷したりして、「アッ!ここのトーンは上手く塗れてない!!」といった風に神経を使いながら描いてました。今はネットに掲載するだけなので、細かいところなんか気にせずに描きまくってます(笑)
だって疲れるんですもの(爆)

やっぱ楽しんで描くのが一番ですよね♪
Commented by nino0w0 at 2006-11-18 09:09
イラストサークルに入っていた頃はトーンの塗り・ズレにはかなり気にして作業していましたが、今ではこうやってWEB上での発表ですし、グレー色で600dpi白黒レーザー印刷出来るので今は気が楽です。

<< ミルから始めるドリップコーヒー。 鋭い武器とそのフットワーク そ... >>