無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 またね 黒猫ネロちゃん。   

もう随分前になる 毛色が真っ黒の子猫がウチの近くをうろついていたのは。
お隣さんの娘っ子と一緒に「貰い手はいないかなぁ・・・」と思ってた。
数日経つと、そのお隣さんの家が子猫を飼ってくれた 名前は『ネロ』 漫画からとった名前だ。
動物を飼った事が無い家だったけれど、すくすくと成長 ネロちゃんは雌で何回か出産
でも交通事故や旅に出たり・・・ そして避妊手術を施したので今お子さんはいない。

ネロちゃんがお隣さんの家族になって十七年が経った もう老猫さん 
犬ですら寿命はその位 毎年夏になるとヒヤヒヤしてた。
数日前仕事から帰ると外にいたのかネロちゃんがゆっくりな足取りでコチラにやって来た。
いつも口数が少ない子なのに今日はやけに話しかけてくる。
撫でてあげるには不憫なくらい痩せてて毛もボサボサ ぬるめのミルクも口にしなかった。
内心思った
この子はもう長くない・・・
それから四日後 お隣のおばさんから 
「ネロちゃん、死んじゃった もう火葬してきたよ」 と聞かされました。
あぁ、やっぱり・・・
やけにたくさん話しかけてたのは自分の死が近いのを分かっていたからかな?
お別れの言葉だったのかな? 最後だからかまって欲しかったのかな?
縁があって今があるんだろう・・・  ありがとね ネロちゃん。 

数年前はご飯をあげていた猫が亡くなった 飼い主さんの事情で捨てられてしまった猫。
やはりその年の夏はゲッソリ痩せていて、まるで別猫のようになってた。(老衰・・・だろう)
その猫との出来事を半ノンフィクション漫画に出来ないかな~? なんて
考えていたのを思い出した 特に伝えたい想いがあるわけじゃないけど、なんとなく・・・。
描けたらいいな・・・ その前に猫がうまく描けたら・・・ね。
 
[PR]

by nino0w0 | 2007-07-06 11:59 | ■駄文で綴る出来事 | Comments(0)

<< 最低限に抑えたい・・・。 蒸暑・・・。 >>