無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 田七人参ってスンゴイお味ですよ☆   

今年だったかな? うちの親父様が中国へ旅行に行ったのは。
そのときに自分だけのお土産として、田七人参の花のお茶を購入していたんですよ。

田七人参とは?
田七人参は中国雲南省の高地で採れるウコギ科ニンジン属の植物で、
中国の雲南省の東南部から広西省の西南部のごく限られた地域にしか分布しておらず、
大変希少価値の高いもの。
現存する人参属植物のなかでは、最も原始的なもので、
第三紀古熱帯の2億数千年前から地球上に存在する「陸の生きた化石」と呼ばれる
驚くべき生命力の強い植物。
栽培は難しく播種後3~7年後に収穫するため、「三七」と呼ばれ
収穫後は何と10年も雑草さえ生えないほど大地の栄養分を吸収してしまいます。
また、田七人参は生産量も少なくお金にもかえがたい大切なものという意味で
「金不換」とも呼ばれています。主産地は中国の雲南省で、
現産出量の85%を占めています。  ( 健康美容館より)

うわ~、高いと思っていたらかなり凄い植物だったんですね~。
そんな田七人参の花が咲く前の蕾の時に収穫し、乾燥させたものを親父様は購入。
現地でお茶として煎じたものを飲んで、飲みやすかったのが決めてだとか。
しかし、数ヶ月経っても手をつけないので訊ねてみると
親父様 「あ、忘れてた!」
忘れてたんかいッ!!
自分で煎じるなんて、そんな面倒臭いことはやらない人なので
交換条件付きで毎日煎じてやる事に・・・  条件?出来上がったものを一杯頂くというだけ。



d0093433_100317.jpg
100g入りで・・・免税店で購入したのかな ¥4,000てシールが付いてます。
d0093433_1001973.jpg
茶葉
茶葉・・・といっても蕾周辺部分の乾燥物なので
茶葉というのも変な感じw
花びらや葉を一枚一枚丁寧に重ねて縛ってある
花のようなお茶かな?と思っていましたが
違っていました。

水分を与えるとどうなる!?
d0093433_1002833.jpgまんまだ。(笑)
まるで菜の花のようです。
煎じている時は
まるでブロッコリーに火を通しているような
香りがしました。

さ~て、お味は???
田七人参のエキスを顆粒にした物を飲んだことがありますが、あれはかなり苦い。
ウコンなど比較にならないくらいやばい。(苦笑)
でもこの花茶、田七の苦味の中にほのかな甘みがあり癖になりそうですよ♪
(しかし、濃いと凄かった!!)

この手の物は胃腸にも大変良いので
湯飲み一杯頂いた後は早い時間帯にお腹が空くという事態が。(それはそれで困るなぁ)
親父様、三週間ほど毎日一リットル飲み続けていますが、
血圧が下がった!!と大喜びしてます。(茹でカスもちゃんと頂く)
一箱¥4,000ですが1リットルにつき蕾4~6ケしか使わないのでコスパは良いのでは。
三箱も買ってきているので・・・ 一箱くださいッ。(笑)

・・・それにしても箱の説明書きが面白いんですよ。
「4-個の花のつみはやかんで煎じて1000CC立てられ,冷やて飲んでもいい。」
意味解らなくも無いですがね  本当にこんな風に字体の大きさが違うんですよw
[PR]

by nino0w0 | 2008-04-18 10:28 | ■駄文で綴る出来事 | Comments(0)

<< デジタルだとペン(線)の太さは... 野生びとですから。 >>