無料のおもしろネタ画像『デコじろう』用アイコン02 ちょっとだけ嬉しいような。   

昨日から今日の深夜にかけて
友人の友人宅での”たこ焼きパーティー”なるものに参加しまして
寝不足な月曜日を迎えております。

大阪では一家に一台はあると噂のたこ焼きプレート
あれを三台、たこ焼き用鉄板一枚 約二十人ほどでスタート。
たこ焼きってそれ程食べない私ですが焼きたては断然美味しいですね~♪
トッピングのバリエーションも豊富☆
ほんとにお腹いっぱい、三パックは食べた気分です。(一パック十個入りで:笑)

その後絵を描かれてるような女性がスケッチブックを手に私に絵を描いて と言った。
・・・はいー!?(語尾上がり気味) 
友人が私も絵を描けるとその女性の小耳に挟めたらしい。
半径一メートル先には親と同年代あたりのおば様が居る中描き始めたわけですが・・・
普段絵を描く文具・環境とあまりにも違う為に大苦戦、どうにもこうにも描けない
イベントで作家さんとして人前で絵を描くなんて事もやったこと無いですし。
二時間程無駄にし、こうなったら退治屋稼業キャラクター・ジャンクスおぢさんでも・・・
とスキンヘッド状態で顔のパーツを描き終えた時
近くに座っていたおば様が
「凛々しい顔をしているねぇ」 と話しかけてきました。
Σ!!!!!
た、たしかにある程度きりっとしたジャンクスさんの顔でしたが
凛々しいと言えるほどに見られていたとは―――っ! ギャーッ
ですが、それよりも自分の中ではその言葉がちょっぴり意外で。

私の親は漫画、アニメが嫌い。
私の将来&電気代を心配してか絵を描くことを快く思っていない。(生活費は入れてます)
おまけに趣味の範囲内でやっている発展性のない漫画絵。
親と同年代の方は皆そんな感じだと思っていたので不思議というか、何と言うか
そういう目で見てくれるヒトも居るんだ・・・と思ってしまいました。
もちろん、あくまで他人事であるし、
その方のお知り合いの子も絵を描いているというのもあったのですが。
私の周りは絵や漫画を描く行為に否定的、ちょっぴり嬉しい気がしました。


で、結局スケッチブックに描いた絵は
退治屋稼業キャラクターのフェイスさん、しかも自作漫画の平安絵巻の方。
・・・ひと様のスケッチブックに私の趣味全開の駄生絵がぁ~~~
スケッチブックのレベル低下に大きく貢献。(爆)
[PR]

by nino0w0 | 2008-11-10 09:39 | ■駄文で綴る出来事 | Comments(0)

<< 泡だて器、もう製造して無いのかな~。 今までも、これからも。 >>